本サイトにはPRを含みます。

アコムはブラックでも借りられるって本当?”絶対借りれる”と噂の真相や審査に落ちる原因を紹介

2024.02.16
  • アコムはブラックでも借りられる
  • 絶対借りれる消費者金融といえばアコム

こんな噂を聞いたことがある方もいると思います。結論から言うと、アコムはブラックだと借りることはできません。

では、なぜ「アコムはブラックでも借りられる」という噂があるのでしょうか?

アコムがブラックだと借りられない理由や実際にブラックでも借りられた方の口コミ、アコムの審査基準、ブラックでも借りられる消費者金融などを紹介します。

「アコムはブラックでも借りられる」は嘘!

アコム

先述した通り、アコムはブラックだと借りられません。これは、アコムに限ったことではありません。どの消費者金融、銀行などの金融機関でも貸付をする際は審査に通過する必要があります。

大手消費者金融の場合、コンピューターによる自動審査を実施しています。

審査の詳細は明確に公表されていませんが、ブラックの人は審査に通過することできません。

審査では必ず信用情報のチェックが行われる

アコムに限らず、審査では必ず信用情報のチェックが行われます。

信用情報とは、信用情報機関に記載されている情報のことを指します。クレジットカードの利用履歴やローン利用履歴などの情報が記載されているものです。

これまでクレジットカードやローンを利用したことがあっても、延滞したことがなければ特に問題ありません。

しかし、長期滞納や債務整理などの事故情報が記載されている状態で、審査に通過することはほぼありません。アコムを含む消費者金融の審査では、必ず申込者の返済能力の有無を確認します。

過去に返済においてトラブルを起こしている場合、審査に落ちる可能性は高くなるのです。

アコムでお金を借りられるようになるまでの期間

一般的に、1ヶ月で4回以上の申込をしてしまうと、申込ブラックとなり審査に通りにくくなります。

ただし、永久的に申込ブラックになるわけではありません。申し込みをしてから半年程度経てば、申込情報がリセットされて申込ブラックではなくなります。

信用情報に傷が付いている場合、その傷が消えるまでは審査に通りにくくなります。長期延滞や債務整理などの事故情報は、一定期間経過すると抹消される仕組みです。

CIC JICC KSC
申込情報 6ヶ月 1年
契約内容 5年
長期延滞 5年
保証履行 5年
強制解約 5年
任意整理 5年
個人再生 5年 7年
自己破産 5年 7年

このように、延滞が解消されてからは5年で消えますが、債務整理などの情報は5年~7年程度かかってしまいます。

過去に個人再生や自己破産をしたことがある方は、事故情報が抹消される7年経ってから申し込みをするようにしましょう。

最短20分で即日融資可能!
アコムの公式サイトはこちら

アコムで「ブラックでも借りられた」という口コミの真相

実はアコムで「ブラックでも借りられた」という方は存在します。では、なぜブラックでも借りられているのか、口コミの真相について解明していきます。

申し込み時にすでにブラックが解消されていた

アコムなどの貸金業者では、申込の時点でブラックが解消されている場合、他に問題が無ければ審査に通過する可能性は十分にあります。

申し込みをする前にブラックだとしても、申し込みをした時点でブラックが解消されていれば、それはブラックではありません。ブラックになっていると審査に通過することはほぼ不可能ですが、解消されていれば滞納や債務整理の情報を貸金業者側が把握することはありません。

ブラックではない人と同じように審査をするため、審査に通過できる可能性があるのです。

また、自分はブラックだと勘違いしていた人が、実際にはブラックではなくすんなりと審査に通過できたという事例もあります。

他社で審査落ちした人がアコムでは審査に通った

アコムで審査に通過した方の中には、「他社で審査落ちしたけどアコムでは審査に通過できた」という方も多いです。

アコムなどの消費者金融では、各会社ごとに独自の審査基準を設けています。審査基準は明確に公表されていませんが、他社で審査落ちしてもアコムなら審査に通過できる可能性があります。

逆に、アコムで審査落ちした場合でも、他の消費者金融では審査に通過できる場合もあるということです。

誰でも審査に通過できるわけではありませんが、他社で審査落ちした場合でも、アコムなどの他の貸金業者であれば審査に通過できる可能性は十分にありますので、諦める必要はありません。

不安な人は申し込み前に信用情報を確認するのがおすすめ

審査に通過できるか不安な人は、申し込みをする前に信用情報を確認するのがおすすめです。信用情報機関に登録されている個人信用情報は、自分自身の情報であれば情報開示請求をして確認することができます。

手続きはインターネットと郵送のどちらでもOKです。

インターネットの場合、すぐに情報を開示できるので、便利です。

手続き方法 手数料(支払方法)
CIC ・インターネット
・郵送
・500円(クレジットカード、キャリア決済)
・1,500円(コンビニチケット、定額小為替)
JICC ・専用アプリ
・郵送
1,000円(クレジットカード、コンビニ払いなど)
KSC ・インターネット
・郵送
1,000円(クレジットカード、PayPay、キャリア決済)

信用情報を開示しても、手数料がかかるくらいのデメリットしかありません。信用情報を開示してブラックかどうか、または情報が抹消される時期を知れば、その時期に合わせて申し込みをすることができるでしょう。

「信用情報に傷がついているかもしれない」と、もし心当たりがある方は、まずは自分の信用情報にどのような情報が登録されているのかを確認してみてはいかがでしょうか。

最短20分で即日融資可能!
アコムの公式サイトはこちら

アコムの審査は甘い?申込条件・審査のポイント

アコムの審査は決して甘いものではありません。

ここからは、アコムの申込条件と審査のポイントについて解説していきます。

アコムの審査申込をする前に、申込条件と審査のポイントは押さえておきましょう。

アコムの申込条件

  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
  • アコムの審査基準を満たす方

アコムの申込条件は、この通りです。アコムで審査に通過するためには、最低限この2つの条件を満たさなければいけません。

逆に言うと、この2点を満たしていれば誰でも審査に通過できる可能性は十分にあるということです。

「安定した収入」に関する明確な基準は公表されていませんが、アコムはアルバイトの学生でもパートの主婦でも審査に通過することは可能です。収入が少なくても、安定さえしていれば審査に通過できる可能性はあります。

例えば、月に3万円しか収入のないアルバイトの学生でも、毎月安定して3万円稼いでいることが分かれば借入できる可能性は高いです。

申込条件だけを見ると、アコムの審査基準はそこまで高くないと言えるでしょう。

アコムの審査で重視されるポイント

アコムの審査で重視されるポイントは、以下の3点です。

  • 借入希望額が多すぎないか
  • 信用情報に延滞・滞納の記録がないか
  • 総量規制をオーバーしていないか

借入希望額が多すぎないか

アコムの審査では、「借入希望額が多すぎないか」を必ず確認します。当然ながら、借入希望額が多すぎると、「この人は本当にお金を返せるのだろうか?」という不信感を持たれてしまいます。

年収300万円の方が100万円の借入を希望するよりも、50万円の借入を希望する方が審査に通りやすくなるということです。

実際に、アコムなどの消費者金融では、50万円以上の借入を希望すると収入証明書の提出が求められて審査がより厳格になるのです。

そのため、少しでも審査に通過できる可能性を高めるなら、最低限の希望額で申込をするようにしましょう

信用情報に延滞・滞納の記録がないか

アコムでは、「信用情報に延滞・滞納の記録がないか」を必ずチェックします。信用情報機関に開示をかけて、情報を把握します。

返済や延滞の記録があると、アコム側も「この人にお金を貸しても返済してくれないのでは?」と思われてしまい、審査落ちになってしまう可能性が高いです。

どの貸金業者でも必ず信用情報機関への情報開示は必ず行われます。

ブラックの方が、ブラックであることを隠した状態で申込をすることはできません。もしも現在信用情報に傷がついているなら、情報が消えるまで待つのが無難です。

信用情報に傷が付いている状態で申込をしても、審査落ちの可能性が高いです。

総量規制をオーバーしていないか

アコムなどの消費者金融では、総量規制という法律のもとで貸付の可否を決めているのです。この総量規制では、「年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない」と定められています。

つまり、年収300万円の方は最大100万円しか借りられないということです。年収300万円の方が申込の際に借入希望額を100万円以上にしてしまうと、審査落ちになる可能性が高いです。

また、審査に通過できたとして、希望額を借りられないこともあります。

そのため、アコムの審査申込をする際は、自分の年収の3分の1を超える借入希望額にしていないかを確認するようにしましょう

最短20分で即日融資可能!
アコムの公式サイトはこちら

アコムで審査落ちになるケース

ここからは、アコムで審査落ちになるケースを紹介していきます。

以下で紹介するケースに当てはまる場合、審査落ちになる可能性が高いので、注意してください。

  • 信用情報がブラックの場合
  • アコムの社内ブラックになっている場合
  • 複数のカードローンに同時申し込みをしている場合
  • 本人の属性が良くない場合
  • 在籍確認が取れない場合

①信用情報がブラックの場合

先ほども触れましたが、信用情報がブラックの場合は審査落ちの可能性が高いです。信用情報に記録された情報は5年~7年程度残り続けます。

そのため、信用情報に傷があるなら、その傷が消えてから申込をするのが無難です。

ブラックの方が申込をして審査に落ち、再び他の会社で連続して申込をすると、申込ブラックにもなり負の連鎖が続いてしまうので、気を付けましょう。

②アコムの社内ブラックになっている場合

ブラックでない方でも、アコムの社内ブラックになっている場合はほとんどの確率で審査落ちになります。過去にアコムで何かしらのトラブルを起こすと、社内ブラックとして扱われてしまいます。

具体的には、「借入金額を返さなかった」「債務整理をした」などです。

社内ブラックの基準は公表されていませんが、過去にアコムで何かしらのトラブルを起こしているなら、他の消費者金融での借入を検討するのがおすすめです。

③複数のカードローンに同時申し込みをしている場合

複数のカードローンに同時申込をしている場合も、審査落ちの可能性が高くなります。アコムでの審査申込を検討している方の中には、「とりあえずどこでもいいからお金を借りたい!」という方も多いと思います。

アコムだけでなくプロミスやアイフルなどの他のカードローンに同時申込をすると、「この人は相当お金に困っているのでは?」という不信感から、審査落ちになるケースが多いです。信用情報には、カードローンの申込情報も記録されます。

審査では必ず信用情報を開示するので、他社への申込も把握できるというわけです。

ちなみに、申込履歴が信用情報に登録されるのは6ヶ月間です。

他社の審査に落ちてしまった方は、半年経ってから申込をするようにしましょう。

④本人の属性が良くない場合

本人の属性が良くない場合も、審査に落ちる可能性が高いです。

本人の属性とは、年齢・勤務先・雇用形態・居住形態・他社借入状況などの個人情報のことです。借入時の審査では、申込者の返済能力を判断するために必ず本人の属性もチェックします。

例えば、毎月安定した収入を得ている正社員であれば返済能力も十分ですが、無職であればそもそも返済する能力がないと判断されてしまい、審査落ちになるケースが多いです。

また、仮に正社員で毎月安定した収入を得ていても、他社からの借入額が多いと審査に落とされるケースもあります。

⑤在籍確認が取れない場合

在籍確認が取れない場合、審査に通過することはできません。どの貸金業者でも、必ず在籍確認で申告した勤務先に在籍しているかを確認します。一般的な在籍確認では、勤務先に電話をかけて在籍しているかどうかを確認します。

そのため、そもそも電話に出なかったり、担当者のミスで「そんな人はいません」と言われてしまうと、審査に通過できません。アコムでは原則電話での在籍確認を実施しておらず、書類で代用できます。

しかし、社員証や直近の給与明細など、申告した勤務先に在籍していることの確認が取れないと、審査に通過することはできません。

ブラックなら中小消費者金融の利用がおすすめ

ここからは、ブラックでも審査に通過できる可能性もある中小消費者金融を3社紹介します。

  • セントラル
  • フクホー
  • フタバ

セントラル

セントラル

消費者金融名 セントラル
融資スピード 最短即日
限度額 〜300万円
金利 4.8%〜18.0%
WEB申し込み
無利息期間 最大30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%

セントラルは、創業50年を超える老舗中小消費者金融です。大手消費者金融とは異なり、独自の審査基準を設けているためブラックでも審査に通過できる可能性があります。

実際に、アルバイトの学生やパートの主婦、大手消費者金融で審査落ちしたい方でもセントラルで借入できている方はいます。

女性が安心してお金を借りられるように、女性専用ダイヤルも設けているので女性でも安心です。

最短即日融資にも対応しており、少しでも早くお金を借りたいという方にもおすすめです。インターネットから申込をした後に、ナビダイヤル(0570-038-038)に電話をかけることで、審査をよりスピーディーに進めてもらえます。

フクホー

フクホー

消費者金融名 フクホー
融資スピード 最短即日
限度額 〜200万円
金利 7.3%〜18.0%
WEB申し込み
無利息期間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率20.0%

フクホーは、ネットでも電話でも24時間いつでも申込ができる中小消費者金融です。来店不要で即日融資にも対応しているので、近くに店舗がない、もしくは地方に住んでいる方で利用できます。

契約後の最低返済額が毎月1回2,000円~と低く元金は自由に返済できるので、無理のない返済計画を立てられるでしょう。

また、20歳以上で安定した収入がある方であれば審査に通る可能性が十分にあり、他社で審査落ちした方でも借りられています。実際に審査に通過できた方の口コミをみてみると、「自己破産経験者でも融資を受けられた」という声もあります。

フタバ

フタバ

消費者金融名 フタバ
融資スピード 最短即日
限度額 50万円
金利 14.9%〜19.945%
WEB申し込み
無利息期間 30日間
担保・保証人等 不要
遅延損害金 実質年率19.945%

フタバは、即日融資が可能で、平日の16時までに審査が完了すると、その日のうちにお金を借りられます。初めての契約なら、契約日の翌日から30日間無利息になるなど、大手消費者金融に引けを取らないサービスを提供しています。

契約から30日以内に完済する予定であれば、利息を1円も支払わずにお金を借りられます。

また、フタバに申込ができる年齢は「20歳以上73歳以下」で、70歳を超えても申込ができます。これは、大手消費者金融や銀行カードローンと比較しても上限年齢が高いです。

女性のためのレディースキャッシングを用意するなど、女性でも安心して申込ができる中小消費者金融です。

ブラックでもお金を借りたい場合によくある質問

最後に、ブラックでもお金を借りたい場合のよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

  • ブラックを早めに解除する方法はある?
  • 延滞や滞納をすると必ずブラックになる?
  • 一度ブラックになったら二度とアコムで借りられない?

ブラックを早めに解除する方法はある?

ブラックを早めに解除する方法は、できるだけ早く借金を返済するしか方法はありません。ブラックの情報は、借金の完済や債務整理の手続き完了から5年~7年続きます。

いつまでも借金をしている状態が続くと、ブラックリストの期間も長くなってしまいます。

借金を一括で返済するのが一番良いですが、返済の目処が経たないなら債務整理を検討してみるのが良いでしょう。

延滞や滞納をすると必ずブラックになる?

延滞や滞納をしたからといって、必ずブラックになるわけではありません。事故情報は基本的に、支払期日から61日以上、または3ヶ月以上の滞納(延滞)で残ります。

また、連続で3回滞納した場合でもほぼ確実にブラックになってしまいます。

ただし、返済期日を1日過ぎた程度では、すぐにブラックリストに入るわけではありません。くれぐれも返済を滞納しないように注意しましょう。

一度ブラックになったら二度とアコムで借りられない?

一度ブラックになったとしても、二度とアコムで借りられないわけではありません。一度ブラックになってしまっても、5年~7年経って信用情報機関に記録された情報が抹消されれば、アコムでお金を借りることは可能です。

ただし、長期滞納や債務整理などが影響してアコムの社内ブラックになっている場合は、二度とアコムで借りられない可能性が高いです。

まとめ

アコムはブラックになっている状態だと借入することはできません。ブラックでなくても、一定の基準を満たさないと審査に通過することはできません。

ただし、現在ブラックだとしても信用情報機関に記録された情報が抹消されてしまえば、アコムで借入することも可能です。

また、独自の審査基準を設けているセントラル、フクホー、フタバなどの中小消費者金融であればブラックでも審査に通過できる可能性はあります。今すぐにお金が必要なら、セントラル、フクホー、フタバなどの中小消費者金融で借入申込をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事